突然、日本映画界に『の・ようなもの』を引っさげて登場した森田芳光監督。その後、次々とヒット作をコンスタントに提供。今まで観た事のないような斬新なタッチ―セリフ廻し、不思議なセット、意味不明なインサートカット等々―は、日本映画に新しい風を吹き込んだ監督としてインプットされたのだが…。平成4年の『未来の想い出』を最後に4年間映画作りを休業してしまう。その間は…と、いうと“免許がない!”の脚本を手掛けたり、競馬に関するエッセイを雑誌に連載する等、およそ映画監督とは離れた場所に行動の基点を置いていた。その当時の思いを『森田芳光組―キネマ旬報社刊』に記載されているが、前述の通り、ヒット作を作り出さなくてはならない…という義務感と自分の作りたい映画に対する思いの狭間でジレンマに陥っていたという。しかし、筆者にとって4年間という時間は、決して短くなく、時代は次々と更に新しい才能を生み出し、いつの間にか森田監督の事は、テレビで昔の映画を放送する時くらいしか思い出さなくなっていた。その4年間の間にピンク映画からメジャーデビューした周防正行監督が“シコふんじゃった”を発表。また、岩井俊二監督が“ Love Letter”“打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?”で、若者の心を捉えた作品を発表する等、新しい映像作家が登場した時期でもあった。正に、バブルの絶頂期…映画界においても若く才能のある監督たちに広い門戸が与えられていたのである。

 そんな中、遂に4年間の休止状態から森田芳光監督という名前を見る事ができたのがパソコン通信から育まれる新しい形の恋愛ストーリー『(ハル)』。当時は、まだパソコンメールやチャットなどといった行為自体が普及していなかった頃…。時代を先取りする森田監督らしい題材を選んだものだと興味を抱き、そして変わらない挑戦的な作品(内容は挑戦的ではなく、実にオーソドックスな純愛ものです)に嬉しくなった事を今でも明確に覚えている。休業中に観ていた岩井俊二監督など新しい才能の作品が刺激になったという『(ハル)』だが、映像的な面白さを追求するスタイルは以前の森田監督のまま…相変わらず、細かな箇所に至るまで随所にこだわりを見せている。パソコン文字をそのまま、コンピューター画面で見せるのではなく、ヲタクたちがチャットに興ずるその時間帯に、他の人々がどのような生活を送っているのかを背景に置く事で、森田監督が得意とするキーボードを打ち込む各々の人間像が明確に見えてくるのだ。今思えば、近年ヒットした“電車男”の原型は『(ハル)』にあったのではなかろうか?とはいうものの時代が早過ぎたのか、興行的には良い結果を残す事が出来なかった本作だが、次回作で森田監督最大のヒット作を生み出す事となる。

 それが、渡辺淳一原作を筒井ともみが脚色した『失楽園』だ。最初は中高年のサラリーマンに始まり、次第に主婦・OL層といった幅広い女性に支持された原作だけに、森田監督が本作を手掛けているというのは恥ずかしながら映画館でクレジットを観るまで知らなかった。しかし、前作『(ハル)』の純愛の次は不倫もの…という構図は森田監督らしいのだが。この映画が大ヒットして社会現象まで巻き起こして、テレビドラマ化される…まるで『家族ゲーム』を彷彿とさせる展開になったのだが、どうしてもワイドショーなんかでは不倫や黒木瞳の濃厚なベッドシーンばかりが取り上げられ、その根底に流れているバブル崩壊後、閑職に追いやられた男たちの気持ちを描いている奥深さにまで踏み込んで解説した番組や新聞が殆どなかった事に、相変わらず『の・ようなもの』から変わらないマスコミの程度の低さに呆れ果ててしまった。そして、次に発表した『39 刑法第三十九条』では現代において問題視されている法の在り方に対する怒りを真っ正面からぶつけ、続く『黒い家』では初のホラーに挑戦するなど平成14年の『模倣犯』に至るまでハードな作品が続く。

 そんな森田監督の集大成とも言える作品『阿修羅のごとく』では後期の森田監督作品に主演した3人の女優、深津絵里、黒木瞳、大竹しのぶを一同に介し、向田邦子原作の大ヒットドラマを手掛ける。正直言って、すごい監督になってしまったんだなぁ〜…と、複雑な心境になってしまった。しかも、最近では珍しくオールスターキャスト!東宝が力を入れている大作である。そこに、森田監督を選んだのプロデューサーは素晴らしい!テレビドラマの映画化が増えている昨今…大人が楽しめる本作のような家族ドラマを森田監督が映画化するというのもうなずける。もし、向田邦子の原作を大御所監督が作ったとしたら、それはそれで重厚な作品として仕上がるだろうけど、若い観客からは敬遠されてしまうであろう。そこに森田監督の中間的な視点というのが重要なポイントとなるわけである。こうした大作の後、次回作というのが気になるところなのだが、森田監督は夫と義弟との間で揺れ動く新妻を描く『海猫』を発表。東映としては『失楽園』に続く大人のラブストーリーでヒットを期待したのだろうが、それほどの動員数を得られなかった。こうして見ると、後期からはメジャー製作会社で大作が多くなっていた森田監督だが、1年のブランクの後に手掛けた『間宮兄弟』は原点に立ち戻ったかのような良質な小品。配給もアスミックエースで単館系のロードショウ作品だったのだが、久しぶりの森田芳光ワールドに嬉しくなるような秀作。監督も肩の力を抜いているのだろうか、観る側も肩の力を抜いて楽しむ事が出来る。後期は、むしろ自分の作りたい作品を見極め作っているようにも思えるのは、現在の日本映画が、既にプログラムピクチャー量産時代ではなくなっているからであろう。丁度、休業時代にバブルが崩壊し、角川アイドル映画も終焉を迎え、日本映画自体が大きく変わりつつあった。ある意味、森田監督が必要とされる時代になったからこそ復帰したとも思える。森田監督は時代を読み取り、映像の中で切り取るからこそ、「なに?」よりも「いつ?」という事に敏感なのかも知れない。


 森田映画に登場する料理や食事のシーンは、登場人物の特徴を打ち出す小道具として効果的に用いられている。『家族ゲーム』の冒頭で舞台となる沼田家の一員を紹介する時に4人が各々食事を取っているシーンが顕著な例だろう。突然、目玉焼きの黄味の部分に口をつけてチューチューと啜る伊丹十三演じる父親、ボリボリと小刻みに音を立てて品よく食事をする母親役の由紀さおり、煮豆をご飯の中に埋め込んで黙々と食べる弟の宮川一朗太、ししゃもをガシュガシュという音と共に骨まで食らう兄の辻田順一。本作では食というものが様々な場所で使われているにも関わらず、そのどれもが美味しそうに感じないのが面白い。伊丹十三がお風呂で飲んでいる豆乳も、松田優作が一気飲みできないストローパックであるため、どうしてもまずそうにしか思えない。そんな中、唯一、何を食べているか解らないのだが…茂之の担任を演じた加藤善博が、松田優作が訪ねて来た時に、つまらなそうに食べている弁当が何故か美味しそうに感じた。クライマックスのパーティーに至っては、食べ物は乱雑になるための道具でしかない。森田監督は、美味しそうに撮る食事のシーンを逆転させる事によって、映画全体に不安感…というか不協和音を漂わせようとしている。大体、みそ汁か何か解らないがグラグラ沸騰させてしまう俯瞰の映像をインサートする事からも推測出来るだろう。
 『失楽園』では、何と言っても役所広司と黒木瞳が最後の晩餐で食する“クレソンと鴨肉の鍋”が印象に残る。至ってシンプルな鍋なのだが、素材そのものの新鮮度が決め手となる高級料理であることには間違いない。高級料理と言えば『の・ようなもの』で志ん魚がエリザベスに連れて行かれるフランス料理のお店で初めて目にする“エスカルゴ”。それが、かたつむりと教えてもらった志ん魚が「でんでんむし…」と躊躇するシーンが忘れられない。同じく『の・ようなもの』で、志ん魚が、そば屋で食べている“天ぷらそば”。海老が大好きな志ん魚のたった1尾しかない海老の天ぷらを「あっ、そう…お前、海老好きだったの?」と言いながら一気に食べてしまう志ん米(演じるのは尾藤イサオ)との掛け合いは最高に面白かった。庶民的な食べ物の代表として“カレーライス”を物語の核として利用しているのが『間宮兄弟』。兄に彼女を見つけてあげるために、弟が開催するカレーパーティー。正直、こんなテーマのパーティーっていうだけで何かワクワクしてきません?二人が住む舞台となっている立石商店街で食材を購入してあれこれと迷いながらカレーの種類を考える兄弟…完成した3種類のカレーは、チキン・ビーフ・シーフードと、手の込んだ一品となっている(ちなみに当時のパンフレットに細かいレシピが掲載されています)。でも、一番美味しそうだったのは間宮兄の握った“塩むすび”だ。
 また『阿修羅のごとく』で鏡餅から作る“揚げ餅”は実に懐かしく、中流家庭の様子がうかがい知れる材料として使われている。食事というには遠いかも知れないが、『それから』で、松田優作の元へやって来た藤谷美和子が渇いたのどを潤すために花瓶に入っている水をコップですくい飲むシーンがある。何とも美しく、これほど水が美味しそうに思えた映像はない。また、透明感溢れる食卓…と、いうよりも台所を物語のメインステージとしていたタイトルもそのものズバリ『キッチン』には美味しそうな料理が数々登場するが、印象的なのは夜中に買ったばかりのジューサーで作るミックス・フルーツ・ジュースだ。部屋の明かりを消して作るジュースは幻想的な光を放つ、物語の核とも言えるシーンとなっていた。
 食事というものは人間にとって必要不可欠なものでありながら、好みが分けられる趣味の世界でもあったりする。だからこそ、食のシーンでは登場人物の性格が色濃く反映されるのであろう。森田監督は、食という小物を効果的に場面に散りばめる事で、一気にその人間の世界を作り上げる事に成功している。これって、もしかすると落語の世界に精通している森田監督の特徴なのかも知れない。落語の世界でも同様に食事をするシーンがよく出てくる。個人的だが、筆者は落語のどんな話でも何かを食する場面が一番好きだ。そこには、演じる落語家の上手さが凝縮されており、そばのすすり方ひとつで微妙に登場人物のキャラが変わってくる。なるほど…森田監督は映画の中に落語のギミックを入れる事で奥深い人物設定に成功しているのかも知れない。


森田 芳光(もりた よしみつ )
1950年1月25日 東京都渋谷区生まれ、神奈川県茅ヶ崎市育ち。
 1981年に長編映画監督デビューを飾った『の・ようなもの』はヨコハマ映画祭においてグランプリを受賞。以降、シリアスなドラマからピンク、喜劇、ブラックコメディー、アイドル映画、恋愛映画、ホラー、ミステリと幅広いテーマを意欲的に取り扱い、話題作を数多く発表する。監督だけに留まらず脚本も手掛け、『バカヤロー』をプロデュースするなど幅広く行動している。第20作目の『阿修羅のごとく』で2度目のブルーリボン賞と日本アカデミ−賞最優秀監督賞を受賞している。
 料亭を営む家庭で育ち、幼い頃から祖母に連れられて芝居を見続け、高校時代に観た“ドクトルジバゴ”をきっかけに映画の世界に引き込まれる。日本大学芸術学部放送学科在学中に、映画の制作を開始。飯田橋にある名画座「ギンレイホール」でバイトをしながら8ミリ作品を撮り続ける。転機は1971年に撮った『ライブイン茅ヶ崎』が自主映画界で話題となり、作家の片岡義男が大絶賛したことから一躍注目を集める。そして遂に1981年、『の・ようなもの』でメジャーデビューを果たし、1983年の『家族ゲーム』が大ヒットとなり、広く注目を集める。以後、ジャンルを問わずに幅広く作品を撮り続け、日本を代表する映像作家となった。

【参考文献】
思い出の森田芳光

199頁 20.6 × 2.8cmキネマ旬報社
森田 芳光【著】

昭和51年(1978)
ライブイン茅ヶ崎

昭和56年(1981)
の・ようなもの

昭和57年(1982)
ボーイズ&ガールズ
噂のストリッパー

昭和58年(1983)
ピンクカット
太く愛して深く愛して
 
家族ゲーム

昭和59年(1984)
ときめきに死す
メイン・テーマ

昭和60年(1985)
それから

昭和61年(1986)
そろばんずく

昭和63年(1988)
悲しい色やねん

平成1年(1989)
愛と平成の色男
キッチン

平成3年(1991)
おいしい結婚

平成4年(1992)
未来の想い出

平成8年(1996)
ハル

平成9年(1997)
失楽園

平成11年(1999)
39 刑法第三十九条
黒い家

平成14年(2002)
模倣犯

平成15年(2003)
阿修羅のごとく

平成16年(2004)
海猫

平成18年(2006)
間宮兄弟

平成19年(2007)
サウスバウンド
椿三十郎



日本映画劇場とは看板絵ギャラリーお近づきに…

Produced by funano mameo , Illusted by yamaguchi ai
copylight:(c)2006nihoneiga-gekijou